製造業であれば「技能実習生」はわりと身近な存在だと思いますが、 その他の業種であれば、そもそもどんな制度かもわからないかと思います。 今回のブログはビザの申請が通った場合、その企業と協同組合がどういった準備をするのか、 といった事を一部お伝えしていきます。
昔は「彼氏がどんな車でデートで来てくれたら嬉しい?」とか 「彼氏の車が軽自動車でショックだった!!」なんて言う会話がなされた事と思います。 ですが、今では都会へ行けば行く程、公共交通機関を使えば十分なので、免許は持っていても車は持っていない方が増えていますよね。 となると、自動車整備業自体のお仕事も減って来ていると言う事なのでしょうか?

中華料理店の経営者は中国人。勤めている方々も中国人が多い、ということは、 おもてなしの心も中国寄りになるようです。 日本はどちらかというと、マナーだったり、質だったりを重視するように思いますが、 中国では料理も残らないぐらい食べさせないと失礼というぐらい「量」にこだわったりしますよね。
外国人を雇用する上で必ず必要となってくる手続きはとても複雑です。 もちろん、慣れもありますが、それでも時間と労力は想像以上に必要となってきます。 特定技能についてもっとお知りになりたい方は、ぜひお問い合わせ下さい。

接客などで外国人に通訳も兼ねて貰ったり、単純作業をして貰ったりする事は 多いかと思いますが、事務仕事を外国人に任せられるのか? その答えは...??
特定技能1号の採用が決まりました。 申請をしているのですが、その書類の枚数は膨大です。 ペーパーレス化が推奨される中、どんどん時代に逆行しているようにも思いますが、 それだけの厳格化し、日本を守っているのだなと感じます。

4月から始まった特定技能という在留資格。 技能実習生のように母国へ技術を持ち帰る事を目的とせず、 人材不足の日本の戦力として働いて貰う為の資格です。 そんな試験に合格をし、日本で働こうとしてくれている外国人ですが。。。
働く為に日本へ来ている外国人。 日本で友達を作ろうと思っても仕事と家の往復でなかなか友達を作りにくいかと思います。 ですが、最近では状況が違うようです。

外国人が増えていると言うのは、皆様が実感している事実だと思います。 特に店舗に足を運ぶと外国人のアルバイトの多さに気がつきますよね。 コンビニなどは留学生のアルバイトが多いように見受けられます。 派遣先様でも外国人のリーダーも増えて来ているように感じていましたが、 経営者も増えて来ているようです。 皆様の職場ではいかがでしょうか?
ミャンマーは中国の国境に接する国であり、雲南省に近い地域では中国語も溢れている国です。 場所によっては中国と変わらない印象を受けるかもしれません。 そんなお国柄という事もあり、弊社ともご縁が結ばれつつあります。 まるで宝くじが当たったかのようにも見える成功者達は、 水面下ではとても真似できないような努力をされてきたのだと実感するお話です。

さらに表示する